それぞれのライフスタイルに合わせた一戸建て

家

ペットと幸せに暮らせる家

人とペット視点の家を提案

家族の一員であるペットと快適に暮らしたい、という需要は増えており、相模原も例外ではありません。それにこたえる形で、ペットとの共生を考えた一戸建てを提案しているハウスメーカーなどの業者が、相模原では増えています。こうした一戸建ては、ペットと快適に暮らしていけるよう、間取りや設備が考えられているのが特徴です。業者はペット愛好家や、獣医師などの専門家の意見を参考にし、飼い主とペット、双方の健康、生活しやすさ、快適さ、を追求し研究を重ねてプランを提案しています。普段ペットと暮らしていく中で、こうなっていればもっと便利なのに、などというような、誰もが思っていながらも解決できなかった点も改善されていることが多いです。まさに、ペット共生型一戸建てと呼ばれるにふさわしい住宅です。

健康、安全面での工夫

ペットと一緒に暮らすための一戸建てを相模原で建てるにあたって、工夫したい点は、まず健康面です。例としては、アレルギーが挙げられます。ペットもアレルギーに過敏な個体がおり、ハウスダストなどで症状が悪化することも考えられます。人間よりはるかに低いペットをこうした物質から守るためには、床から近い空気環境をよくする必要があります。アレルギー物質のたまりにくい風通しを考えた間取りにしたり、空気清浄機を設置するなど工夫することで、アレルギーを防ぐことが可能です。また室内飼いの場合は、床で滑ってけがをするケースもあります。床に滑り止め対策を施すなどして、日常生活での思わぬけがを防止しましょう。そして加齢による視力や筋力などの衰えを考慮し、段差や突出物のない、バリアフリーを心掛けることも大切です。これらの工夫は、ペットのみならず人間にとっても質の高い生活を続けていくために、欠かせないものと言えます。相模原でペットとの共生住宅の建設実績が豊富な業者を探し、相談して工夫の知恵を貸してもらいましょう。

快適な温度を保つ工夫

最近の一戸建ては、室内温度を快適に維持できる工夫が取り入れられています。練馬区にある一戸建てでは、断熱材や窓ガラスの工夫によって過ごしやすい室内環境が注目されています。暑さや寒さは一戸建てを作る過程で対策を行っていけるため、この点を重視していくのも大切です。

もっと読む

マイホームを賃貸に活用

個人にとってのマイホームづくりは、将来まで見据えて決めることが大切です。近年では、子育て世帯のみならず、経済的面から幅広い人が賃貸併用住宅への興味を深めています。快適性や利便性など、住まいづくりに求めるものによっても家づくりが行われています。

もっと読む

夏は涼しく冬は暖かい

建材にこだわって夏は涼しく、冬は暖かく過ごしやすい家を建ててくれる工務店がおすすめです。久留米の工務店の注文住宅は断熱性を高めて、冬は結露やカビが発生しないように作っています。また夏は換気を高めて熱がこもらないようにしています。

もっと読む