マイホームを賃貸に活用|それぞれのライフスタイルに合わせた一戸建て

それぞれのライフスタイルに合わせた一戸建て

住宅

マイホームを賃貸に活用

妥協することも必要

不動産経営の視点でマイホームづくりを計画する人は意外と多いものの、マイホームとして設備や仕様の質などにこだわりたい派には、賃貸併用住宅は不向きと言えます。また、返済などの自己負担ゼロからの戸建て計画では、立地や賃貸の容積率を高めるなど、用途を先に考慮するために快適性などが二の次になる内情も挙げられています。最も適している設計は3階建てとも言われ、自身が住みたい場所や地域を第一に考えることが難しくなるのも注意点です。例えば、3階建ての魅力には最上階では日照や通風があり、住宅が密集している場合には高さがある分、近隣からの目も届きにくく、プライバシーに配慮できます。ですが、賃貸併用住宅とする場合には住むより貸すを意識し、自身の住戸は1階に設けるなど、マイホームとして多少の妥協案も必要となります。

将来まで考えた設計

賃貸併用住宅の最大の特徴は経済的なメリットで、マイホームとして建てた住まいが収入を生む家賃収入が魅力です。一戸建てを計画するにも、自己資金によっては住宅ローンの負担がのし掛かってきます。ローンが軽減できる上に、完済後には収入源として役立ち、老後の安定が図れます。賃貸併用住宅を建てる場合、賃貸として入居者が現れることを考慮することが大切です。快適・居心地の良い暮らしができる自宅スペースを確保することが大事で、また、家族構成やライフステージの変化を想定することも大切です。近年では、賃貸部分の間取り変更、増改築しやすい設計でつくるなど、将来の安心を求めた住宅づくりが展開されています。また不動産の専門家からの経営アドバイスを求めたり、サポート体制が整えられるなど、将来に渡って安心できる住まいづくり実現への期待度は高まっています。