快適な温度を保つ工夫|それぞれのライフスタイルに合わせた一戸建て

それぞれのライフスタイルに合わせた一戸建て

住宅

快適な温度を保つ工夫

室内温度を重視

最近の一戸建ては、気密性や断熱性に優れた構造が定着してくるようになりました。それまでは、マンションと比べても一戸建ては暑さや寒さを感じやすいと言われていた時期がありました。マンションは鉄筋コンクリートで外壁が覆われているため、冷気を通しにくく、高さがあるので暑さもそこまで感じにくいところがあります。しかし、そういった室内温度に関する欠点が着々と改善されるようになり、過ごしやすい一戸建てが増えてきたのです。練馬区でも、このような過ごしやすさを重点的に取り入れた一戸建てが目立ってきています。特に、子供や高齢者のいる世帯では、気密・断熱性にこだわっておいた方が安心です。子供や高齢者は免疫力が弱く、高齢者では暑さや寒さを感じにくい特徴があるので危険です。一戸建てはただ住むところではなく、安心して暮らせるような快適な環境にも配慮しておいた方がいいでしょう。

断熱材と窓ガラスへの工夫

練馬区にある気密や断熱性の優れた一戸建てでは、壁や天井に断熱材を取り入れているところが多いです。日本の家はほとんどが木材でできており、気密性に関しては適していますが、寒さに弱いところがあります。けれども、ここに断熱材を敷き詰めておくことで冷気を通さずに済むので、そこまで寒くはない効果が得られます。また、窓ガラスは熱気や冷気を取りこんでしまう原因と言われ、それを防ぐための対策が重視されてきました。最近では二重構造の窓ガラスが注目され、これによって外からの熱気や冷気を通しにくくしてくれます。練馬区の一戸建てもこうした工夫を取り入れているところが増え、温度への対策だけでなく防音効果もあるので人気です。以上のような取り組みで、練馬区の一戸建ても更なる進化を遂げています。室内温度への対策は、暖房や冷房などにかかる費用も抑えられるため、環境や経済的な効果にも役立ってくれます。